現金化を目的として列車の回数券等を多量に決済する・・・ショッピング枠のキャッシュ化というもの使わないで自身で現金化する目的にてカード決済をする行為も同じです。現金化する方法を目的としているクレジットカードの利用というものは契約内容違反と見做されるからであります。大量の電車の切符や切手購入等におけるクレジットカード決済というものは、場合により現金化する目的なのではないか、と睨まれてしまう場合などが考えられるため、気をつけることを要します。付け加えると、利用時点でキャシング利用可能額の方が限度になってしまっている契約者ケースには、列車の乗車券などを購入する時にクレカの会社のチェックが入る事例もあるため経済的にきつい時の決済はさせないようにされてしまうのでしょう。金銭的に余裕が無い際に考える内容は皆同じです。クレジットカードの発行会社から見て不都合な使用法をしてしまう→一昔前に話題に上がった『永久不滅』など、クレジットカード発行会社から見て利益となり得ないような違反した取引をするとクレジットカード発行会社側から没収となってしまう場合というのも存在します。インターネット上に出ていたクレカポイントの不正な搾取等世間には知れ渡っていない秘密の方法などというものが存在していても、その手法というものはカード会社の規約違反なのだから絶対使用しないようにしてください。失効に関する個人情報は他のカード会社へ流れる:クレジットを強制失効させられても違う会社のクレジットカードを問題ないから少しであれば大したことないのでは?という風に思うあなたは現在の情報化社会においてはそれが信用を失う危険があります。なぜかと言うと、没収扱いとなるような状況には、カード発行会社が入手出来てしまう信用情報機関にその内容が上書きされるから登録された人の信用というものは地に落ちることもあるためです。持っている1枚ですらクレカを強制失効させられた場合、他社のクレジットですら作りにくくなってしまいますしともすると別の所持しているクレジットも強制失効になるケースもあり得るでしょう。強制退会とならずに継続利用できる場合でも更新になると継続利用できなくなると思われる。兎にも角にもくどいほど記載しましたが、強制退会になるような使用は絶対しないように、誠実にクレジットカードを利用して頂きたいと願っています。