中古車の買取査定のポイントとして重要視されるものに走行距離がまず考えられます。多くの場合走行距離イコールマイカーの消費期限とされるケースもありますので、実際の走行距離が長ければ長いほど売却額査定ではマイナス要因とされます。一般的には走行距離というのは短ければ短いだけ中古車の査定額は上がりますが本当のところそれほど詳しい判断基準は存在しなく定められた基準で査定が行われます。こうしたことは実際、中古車を買取業者に見積りに出す際も重視される売却額査定の留意点です。例えば、普通車ですと年間走行距離1万kmで線を引いてこの走行距離以上走っていると多くの場合査定がマイナスとなります。軽自動車の場合、年間走行距離が8000kmがまた年式が古い割に距離がかなり小さいとしても売却額が高くなるとも一概には言えません。実際実行したらとてもよく分かりますが中古車は放っておかずに乗ってあげることによってもコンディションを維持しますから短い走行距離の自動車の場合、破損を起こしやすいと判断されることもあるでしょう。こういったことは車を手放す際も同じことです。普通は年式・走行距離での売却額査定の要点は、乗っていた期間と比べて適切な走行距離になっているかというところです。そして車の初年度登録からの経過年数も中古車の売却額査定のポイントです。十分と分かっているんだというようなかたが多いと思っていますが、一般的には年式に関しては新しければ新しいほど査定をする上で有利なのですがごく稀にそのシリーズにプレミアが付いている車は古い年式の場合でも高額で見積してもらえることもあります。同一のもので同じ年式であったとしてもその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがあったケースは、当然、その場合で見積額は違ってきます。中古車の下取り額というような場合でも色々な要因で売却時の金額は相違があります。