自動車損害保険には自賠責保険あるいは任意保険という2つの種別が販売されています。自賠責保険、任意保険ともにまさかのアクシデントなど備えたものですが、実際の内容は少々違っています。2つの保険を比べると補償が約束される条件が差別化されているのです。※事故の相手については自賠責保険あるいは任意保険を用いて補償されるよう取り決められています。※自分へは、『任意保険』で補償されるよう取り決められています。※自分自身の財産については『任意保険』によってのみ補償されるよう取り決められています。自賠責保険単体では自らへの怪我または乗用車についての支援は受ける権利がありません。そして相手方に向けての支援ですが自賠責保険においては亡くなられた場合は最高額三〇〇〇万円・障害が残った場合最高額で4000万円と定められています。ただし実際の賠償額が先に挙げた金額を上回ることはよくあることです。事故の相手の車や家屋を壊してしまったときについては、加害した者の賠償にならざるを得ません。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険が必要となるのです。害を被った者に対する救助を主な役割とする任意保険というものにも実はそれとはまた違った独自の補償があるのです。※相手に対しては、死亡時または傷害の他にも、自動車や建物といった種類の財産を補償してもらえるのです。※自らに対しては、同伴していた人も込みで死亡時ないしは手傷を補償します。※自己が所有する財産についてはクルマを賠償してもらえるのです。こういった数々の面について補償が安心できるものであるということが任意保険が持つ強みなのです。保険料金の振り込みは必要とならざるを得ませんが、事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分を守るためにも、愛車に乗るなら契約を結んでおきたいです。